平成27年度農林水産省「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」
食育活動報告
一般社団法人すこやか食育エコワークは、平成27年度農林水産省「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」の実施主体となりました。健康や食に対する意識の高い「都市部の未婚女性」を対象に様ざまな取組みを行います。食や農への理解を深めてもらうことで、栄養バランスのよい日本型食生活を実践してもらうとともに、将来の家族にも望ましい食環境を整えることができる実践力を身に付けてもらうことを目的としています。
スーパーバックヤード・売場見学&表示・栄養セミナー
都市部の未婚女性に、スーパーのバックヤードなど裏側を見学してもらいながら、食品表示などについても学んでもらいます。農場から食卓まで、食品の流通過程で食の安全がいかに守られているかを理解するとともに 食品を選ぶ力を身につけてもらうことが目的です。
スーパーのバックヤード・
売場見学&表示・栄養セミナー①
実施日時
平成27年8月22日(土)
実施内容
普段見ることのできないスーパーのバックヤードや研究所を見学し、食品表示や栄養まで学ぶという贅沢な企画。イオン幕張新都心店とイオングループの安全・安心をバックアップする生活品質科学研究所の協力で実施しました。
まずは、生活品質科学研究所の見学。イオングループ関係者以外、一般の人が見学をするのは初めてとのことで、食品に限らず衣料や家庭用品等、店舗で販売する商品の品質を確保する検査・研究機関です。施設の概要や各種検査等を説明していただき、徹底した検査・管理体制に27名の参加者は驚きの様子。味をチェックする官能試験も体験しました。
幕張新都心店に移動し、売場・バックヤード・表示セミナーをグループ毎に体験。未知の世界であるバックヤードでは、商品の流れや徹底した商品管理・衛生管理の取組みを学びました。生産から消費までのサプライチェーンの一端に触れ、また供給する側と購入する側のコミュニケーションの場ともなりました。
最後はデリカコーナー自慢のバイキング惣菜で昼食をし、バランスの良い食事、日本型食生活について体感しました。

●参加者の感想(一部)

  • 研究所やバックヤードなど、普段入れない場所に入ることが出来て、貴重な体験が出来た。
  • 食品添加物への安心感が少し高まった。
  • イオンさんが徹底した管理や指導をしていることで、安心できた。食品表示についても、ここまでしっかり聞けたのは初めてで、勉強になった。
  • 徹底した品質・衛生管理に驚き感動した。
  • 表示の変更点など聞けて知識が深まり役立った。
  • 官能試験や異物の判定方法など研究所での見学は興味深いものだった。
実施場所
イオンスタイル幕張新都心・生活品質科学研究所(千葉市)
実施主体
一般社団法人すこやか食育エコワーク
実施協力
イオンリテール株式会社、株式会社生活品質科学研究所、
株式会社リビングプロシード
写真
シューズカバーを履いて研究所内へ

写真
各種検査内容を説明いただきました

写真
立ち入り禁止の遺伝子検査室

写真
表示の見方や安全・安心の取組みを学びました