平成27年度農林水産省「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」
食育活動報告
一般社団法人すこやか食育エコワークは、平成27年度農林水産省「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」の実施主体となりました。健康や食に対する意識の高い「都市部の未婚女性」を対象に様ざまな取組みを行います。食や農への理解を深めてもらうことで、栄養バランスのよい日本型食生活を実践してもらうとともに、将来の家族にも望ましい食環境を整えることができる実践力を身に付けてもらうことを目的としています。
スーパーバックヤード・売場見学&表示・栄養セミナー
都市部の未婚女性に、スーパーのバックヤードなど裏側を見学してもらいながら、食品表示などについても学んでもらいます。農場から食卓まで、食品の流通過程で食の安全がいかに守られているかを理解するとともに 食品を選ぶ力を身につけてもらうことが目的です。
スーパーのバックヤード・
売場見学&表示・栄養セミナー③
実施日時
平成27年11月7日(土)
実施内容

スーパーのバックヤード・売場見学&表示・栄養セミナーの第3回目。日野市にあるイオンスタイル多摩平の森店で12名が参加して実施しました。

多摩平の森店はオープン後1年の新しい店舗。売場やバックヤードにも最新の設備が配置されています。売場では農産や水産など各部門の主任の方が商品について丁寧に説明をしていただきました。バックヤードでは品質管理の担当の方から商品管理や衛生管理についての取組みをうかがいました。また、ごみ・廃棄物の流れも見学することができました。

昼食の前は表示に関するセミナーと食事バランスについてのセミナー。基本的な表示の見方や、食事バランスガイドを使ってバランスの良い食事とはどういうものかを学びました。

昼食はバイキング形式で人気のお惣菜をいただき、バランスのよい食事について体感することができました。

●参加者の感想(一部)

  • 食材、惣菜の種類が多くて驚いた。日本は食材が豊富な国だとあらためて感じたが、豊かすぎて豊富な食材を活かす、正しく食すことを考えない生活になっていたことに今回、気づきました。今回のイベントをきっかけに、日本型食生活を意識して生活をしたいと思います。
  • 衛生管理を徹底し、リスクが少ない運営をされていることを知り、食に対する安心感が高まった。
  • 食生活を振り返り、考える機会になった。「和食は体によい」ということは知っていても、その中で摂るべきバランスなど知らなかったことが学べてよかったです。長く健康でいられるように、周囲の人を含め意識した生活を送りたいです。
実施場所
イオンスタイル多摩平の森(日野市)
実施主体
一般社団法人すこやか食育エコワーク
運営協力
イオンリテール株式会社、株式会社生活品質科学研究所、
株式会社リビングプロシード
写真
昼食の前の食事バランスセミナー

写真
お惣菜売場で販売している人気の商品

写真
食事のバランスを考えてバイキング形式の昼食