食育活動報告(対象別・方法別)
すこやか食育エコワークが行った「食事バランスガイド」を活用した食育活動を、訴求対象別・方法別にご覧いただけます。
広報・広告等
ライフ店頭に掲示した資材の作成
平成22年1月13日(火)〜2月12日(金)
「3食のうち1食を欠食することがダイエットにつながる」の考えで一食を抜く人がいるなか、女子栄養大学副学長の香川靖雄先生が「朝食を抜くことは、逆に体重増につながる」と発表された内容を引用し、「1日3食、「食事バランスガイド」を活用してバランスよく食事をしましょう」という視点から資材を作成し、店頭における普及・啓発をおこないました。店頭では、食品メーカーの商品を活用し、手軽に朝食が摂れるような訴求をあわせて行い、行動につながるように工夫しました。
都内のライフ店頭
写真
ライフ店頭に掲示したかまぼこ型ポスター
すこやか食育エコワークHPの立ち上げ
平成21年12月25日(金)
本事業の取組内容の紹介をはじめ、閲覧者が「食事バランスガイド」の概要を把握し、日々の食生活をチェックできる内容のホームページを立ち上げました(http://www.shokueco.jp/)。また、食を考える際、リサイクルなどをはじめとする環境問題や、健康づくりに欠かせない運動についても、総合的に理解ができるようなコンテンツにしています。
Web
写真
TOPページの内容

写真
「食事バランスガイド」の説明と活用を促すコンテンツ内容

写真
食育活動を掲載しているコンテンツ内容
東京新聞における
食事バランスガイド告知と活動報告
平成21年12月20日(日)
東京新聞の朝刊の紙面(朝刊:3,421,547部)において、今年度の特徴ある地域の取組と、食事が偏りがちな年末年始の時期に「食事のバランス」を考え直してもらうことを目的とした紙面を作り、掲載しました。
東京新聞紙面
写真
東京新聞に掲載された事業取組内容と「食事バランスガイド」を用いた年末年始の食事についての情報提供
幼稚園の園児を持つ保護者を対象にした冊子"あんふぁん"を活用した食事のバランスと運動の大切さを掲載
平成21年12月11日(金)
9月に都内の幼稚園児の子どもを持つ保護者と園児に対して、「食事バランスガイド」と、保護者が遊びのなかで運動することの大切さを伝える内容を掲載し、それら内容を体験し理解してもらうことを目的としたイベントを実施しましたが、今回はその結果と復習の意味で、「食事バランスガイド」についての内容を掲載しました。また、今回は東京地区にて約22万部に産経新聞と同配される「東京リビング」においても取組結果が掲載され、幼稚園児とその保護者以外の読者層にも広く周知することができました。
都内の幼稚園634園を通じて116,199部の保護者に配布
写真
あんふぁん12月号に掲載された記事

写真
あんふぁん12月号に掲載された記事
世田谷区主催の祖師谷まつりにおける食育パンフレットの配布
平成21年10月25日(日)
世田谷区主催の祖師谷商店街を中心とした「祖師谷まつり」において、食事の大切さを伝える「食事バランスガイド」のパンフレットを配布しました。あいにくのお天気で参加者が少なかったですが、地域の商店街が一丸となった食育の取組となりました。
祖師谷商店街
小売店・スポーツジム店頭における
「食事バランスガイド」の掲示・配布
平成21年10月1日(木)〜事業終了まで
日々の生活のなかで足を運ぶ頻度が高い、食品小売店であるマルエツとライフ、そして健康づくりのために足を運ぶルネサンスにおいて、「食事バランスガイド」の掲示・配布を実施し、来店者の認知度向上と理解促進を目的とした取組を実施しました(全体で167店舗)。
マルエツ、ライフ、イオン、ルネサンス
写真
店内パンフレット配布の様子

写真
店内POP掲示の様子
東京都重点区域における駅中広告の掲示
平成21年9月14日(月)〜21日(月)
※一部は24日(木)まで掲載
東京都の重点区域の住民に「食事バランスガイド」を広く周知することを目的に、その区域で乗降者数の多い駅において「食事バランスガイド」を用いた駅中広告を掲示しました(全体の乗降者数は1,077,659人)。内容は5つの料理区分の“1つ”が少しでも理解できるインパクトのあるキャッチフレーズを掲載し、料理と量への理解を促しました。
足立区(東武 北千住駅)墨田区(JR 両国駅)世田谷区(毛王 明大前駅)調布市(京王 調布駅)あきる野市(JR 秋川駅)
写真
駅のホームにおける掲載の様子
幼稚園の園児を持つ保護者を対象にした冊子"あんふぁん"を活用した食事のバランスと運動の大切さを掲載
平成21年9月11日(金)配布
都内の幼稚園児の子どもを持つ保護者と園児に対し、“1日に何をどれだけ食べればよいか”について、「食事バランスガイド」を用いて分かりやすく説明するとともに、文部科学省制作の資料をもとに、現代の子どもの体力が低下していることを伝え、これから成長していく子どもに対し、保護者が遊びのなかで運動することの大切さを伝える内容を掲載しました。また、それら内容を体験し理解してもらうイベントの告知をしたところ、親子20組定員のところ、181組の応募があるなど、関心の高さが伺えました。
都内の幼稚園634園を通じて116,199部の保護者に配布
写真
あんふぁん記事掲載内容