食育活動報告(対象別・方法別)
すこやか食育エコワークが行った「食事バランスガイド」を活用した食育活動を、訴求対象別・方法別にご覧いただけます。
小学生
あきる野市立秋多中学校における雪印乳業の出前授業
平成22年2月9日(火)
小学2年生210名を対象に雪印乳業による出前授業を実施し、カルシウム摂取の理解等を促す取組を実施しました。子どもたちからは「カルシウムの必要性や生活リズムの大切さが分かった」などの感想をいただき、理解が促進されたのではないかと思われます。
あきる野市立秋多中学校
栄光ゼミナールにおけるバランスよい夕飯の宅配モデルの実施
平成22年2月8日(月)〜
小学校高学年になると、家庭だけでなく学習塾で夕飯を摂ることが多くなってくるため、その子どもたちは自分自身でコンビニエンスストアにて夕飯を購入したり、学習塾によっては「保護者手作り弁当持参(理想型)」、「ファーストフード提供型(簡便型)」を行っているところがみられます。しかし、上述した3つの方法では、保護者の負担が多かったり、栄養の偏りがあったりの問題が指摘することができ、カラダを作る時期でもある子どもたちにバランスのよい食事をさせることは、必要不可欠であるため、「食事バランスガイド」に基づいた夕飯(弁当)の宅配事業を実施し、子どもたちにバランスのとれた食事を提供するとともに、「カラダを作る」、「学習能力を高める」、「保護者の負担を軽減する」の3点を踏まえた取組を実施しました。継続的に実施するため、現時点での効果は図っていませんが、日を追うごとに注文数が増えて来ています。今後は継続的に実施していくために、試験期間終了後、改善点を見出し取組んでいく予定にしています。
栄光ゼミナール10教室
品川区立第二延山小学校における給食費の範囲内で実施するシェフによるスーパー給食の実施
平成22年2月8日(月)
品川区立第二延山小学校において、一般社団法人超人シェフ倶楽部、すこやか食育エコワークが連携し、子どもたちが食べ残しをせず、おいしく食べてくれる給食を、シェフが給食費の範囲内で全校生徒分作るといった取組を実施しました。給食後は、5年生全員約150名の子どもたちを対象に、「食事バランスガイド」のレクチャーを実施し、1日の食事の適量を学んでもらいましたが、クイズ方式で子どもたちとコミュニケーションをはかりながら理解を深めたため、教室内はとても盛り上がりました。
品川区立第二延山小学校
足立区立本木小学校 杉の子学級におけるイオンリテールによる「バランスのよい食事・野菜を楽しもう!現場のプロに聞く 地産地消!」授業の実施
平成22年2月4日(木)
(知的障害)特別支援学級1〜6年 14名を対象にイオンリテールの授業を実施しました。最初に「食事バランスガイド」の料理カードを使って、子どもたちが参加しながら料理区分を覚えるとともに、小松菜を題材に地産地消への理解や自らがサラダを作り野菜嫌いをなくす取組をしました。子どもたちは自分たちで作ったサラダをおいしそうに食べ、何度も「おいしい!」と口に出して表現していたことから、五感をつかった体験型と自分でやり遂げたものへの意識の変化を見ていると、やはりこのような参加型の授業はとてもよいものだと思われました。
足立区立本木小学校 杉の子学級
墨田区立立花吾嬬の森小学校における雪印乳業の出前授業
平成22年2月4日(木)
2〜3時間、3年生64名を対象に雪印乳業による出前授業を実施し、カルシウム摂取の理解等を促す取組を実施しました。子どもたちからは「牛乳が固まるのが楽しかった。」などの感想をいただき、実際に体験しながら学べることの利点を改めて感じました。
墨田区立立花吾嬬の森小学校
インド人のサリーと一緒にカレーの文化を学んでいる様子
平成22年2月1日(月)
子どもたちに食べ物への興味をひくことと、食文化を理解してもらうことを目的に、ハウス食品がカレーを通じてそれらの理解を深める取組を実施しました。2〜6時間目を利用し、6年生2クラス54名を対象に実施しましたが、実際にカレーの調理実習も盛り込んだ取組であったため、子どもたちも楽しく理解を深めることができました。授業を担当したインド人のサリーによると、「サリーやターバン、ビンディ等を使ったインドの様子を具体的に体験できる内容で子ども達が興味を持っていた」、「参加した保護者もスパイスの使い方が学べて良かったと感想を述べていた」、「お話しが楽しく、時間があっという間に過ぎてしまった」などの感想を受けており、子どもも保護者にとっても理解の深まる取組でした。
足立区立花畑小学校
写真
インド人のサリーと一緒にカレーの文化を学んでいる様子
江戸川区立一之江小学校における給食費の範囲内で実施するシェフによるスーパー給食の実施
平成22年2月1日(月)
江戸川区立一之江小学校において、一般社団法人超人シェフ倶楽部、すこやか食育エコワークが連携し、子どもたちが食べ残しをせず、おいしく食べてくれる給食を、シェフが給食費の範囲内で全校生徒分作るといった取組を実施しました。給食後は、3年生1クラスの子どもたちを対象に、「食事バランスガイド」のレクチャーを実施し、1日の食事の適量を学んでもらいましたが、クイズ方式で子どもたちとコミュニケーションをはかりながら理解を深めたため、教室内はとても盛り上がりました。
江戸川区立一之江小学校
写真
シェフが考えた給食
あきる野市立戸倉小学校における雪印乳業の出前授業
平成22年1月22日(金)
小学1・2年生と5・6年生を対象に雪印乳業による出前授業を実施し、カルシウム摂取の理解等を促す取組を実施しました。子どもたちからは「牛乳にはカルシウムがたくさん含まれているのがわかった。」「牛乳から色々なものが出来るのがわかった。」などの感想をいただき、理解が促進されたのではないかと思われます。
あきる野市立戸倉小学校
品川区立浅間台小学校における「食事バランスガイド」の説明
平成22年1月18日(月)
全校生徒を対象にした朝礼において、すこやか食育エコワークが「食事バランスガイド」のエプロンシアターを用いて食事のバランスを説明するとともに、子どもたちが気になる「ひも」の部分についてわかりやすく説明しました。先生からも「ひも」についての目安がわかりやすかったと、感想をいただきました。
品川区立浅間台小学校
写真
シェフと調理員が一緒に給食を作っている様子

写真
食事のバランスの授業とシェフとの交流会
ステップ学級におけるルネサンスのエクササイズ実施
平成22年1月18日(月)
ステップ学級に通う子どもたちを対象に、簡単エクササイズを実施しました。子どもたちの様子を見ていた先生から、「はじめは心配だったけれど、子供たちが興味を持ってくれたので良かった。」と感想をいただき、ひきこもりがちな子どもたちを運動という切り口から心を開くことができるのではないかと思われました。
ステップ学級
調布市立第三中学校における雪印乳業の出前授業
平成22年1月12日(火)
中学1年生を対象に雪印乳業による出前授業を実施し、カルシウム摂取の理解等を促す取組を実施しました。子どもたちからは「カルシウムの必要性や会社の仕事の仕組みが分かった。」などの感想をいただき、小学生とは違った意味での深い理解が促進されたのではないかと思われます。
調布市立第三中学校
墨田区立中和小学校における雪印乳業の出前授業
平成22年1月9日(土)
小学1・2年生と5・6年生を対象に雪印乳業による出前授業を実施し、バター作りなどもの作りへの理解等を促す取組を実施しました。子どもたちからは「おいしかった。家でも作りたい。」などの感想をいただき、理解が促進されたのではないかと思われます。
墨田区立中和小学校
足立区立花畑小学校におけるオリジン東秀「バランスのよい食事」出前授業の実施
平成21年12月18日(金)
1年生3クラス 約80名を対象に、エプロンシアターとそのまんま料理カードを使って、食事のバランスについての授業を実施しました。授業は子どもたちと会話を投げかけながら取組み、最後には、それぞれの料理がどの料理区分にあてはまるか、今日の授業で学んだことを紙に記入してもらいました。子どもたちからは、「お菓子を少ししか食べちゃいけないんだとおもった」や「いっぱい食べて元気に外にでて運動もやる」、「今日、勉強して好き嫌いしたら、バランスが悪くなるから今日から好き嫌いしません」などの感想をいただきました。
足立区立花畑小学校
写真
5つの料理区分について説明をしている様子

写真
ヒモについての説明をしている様子
足立区立栗島小学校におけるオリジン東秀「バランスのよい食事」出前授業の実施
平成21年12月10日(木)
2年生3クラス 約100名を対象に、エプロンシアターとそのまんま料理カードを使って、食事のバランスについての授業を実施しました。授業は子どもたちと会話を投げかけながら取組み、最後には、それぞれの料理がどの料理区分にあてはまるか、今日の授業で学んだことを紙に記入してもらいました。子どもたちからは、「バランスよく食べるようにします。早寝、早起き、朝ごはんを守って、スポーツもたくさんします」や「1日のうちに主菜ばっかりを食べてたなと思った」、「今日、勉強してバランスがわかるようになって嬉しいです。お母さんにも教えてあげたいです」などの感想をいただきました。
足立区立栗島小学校
写真
子どもたちとバランスのよい食事について意見交換をしている様子

写真
子どもと一緒に食事のバランスについて考えている様子
墨田区立外手小学校における出前授業
平成21年12月10日(木)
小学生3年生49名を対象に、ルネサンスとすこやか食育エコワークが連携し、食事のバランスと運動の大切さを伝えるために、給食前の2単元を使って五感を使いながら学んでもらう取組を実施しました。運動では、取組の後半で、子どもたちが自分で遊びを工夫するようになるとともに、食事のバランスの取組では、特に大好きなおやつの適量について、関心を持ちながら聞いていました。当日は、PTAの協力により、保護者の見学もあり、一緒に取組むことができたのが、よかったと思われます。
墨田区立外手小学校
写真
ボールを使って運動能力を高めている様子
品川区立浅間台小学校における超人シェフよるスーパー給食の実施
平成21年11月24日(火)
浅間台小学校は教育ファームをはじめ、食農教育に熱心な学校であり、校内にも多くの畑などがあります。そこで、浅間台小学校とスーパーシェフ倶楽部が連携し、品川かぶといった地場産の野菜等も利用し、約130名の子ども等を対象に、子どもたちが食べ残しをせず、おいしく食べてくれる給食を、「アレグレス広尾」の塩谷シェフのご協力を得て実施しました。子どもたちからは、「いつも茄子は食べられないのに、今日は食べることができまいた」といった意見がでたり、調理法によって好き嫌いがなくなることを理解することができた取組となりました。また、給食後は、子どもたちに「食事バランスガイド」のお話をし、その日の給食を例に、1日の食事の適量を学んでもらいました。
品川区立浅間台小学校
わかめパワーのひみつについての
出前授業の実施
平成21年11月17日(火)
理研ビタミンによる「わかめパワーのひみつについて探ろう」と題し、普段見ることのないわかめの原藻にふれたり、わかめの栄養や産地、生態について学びました。
墨田区立小梅小学校
写真
わかめの原藻を子どもたちが見る様子

写真
子どもたちがわかめに触れる様子

写真
授業風景
隅田小学校における総合学習、体育の授業、食事バランス劇の実施
平成21年11月6日(金)
1校において、様々な機関が連携した取組をしました。まずは、総合学習の中でオリジン東秀とすこやか食育エコワークが連携し、「食事バランス教室」を実施し、次に、体育の授業のなかで、「健康づくりのためには、食事だけでなく、日々の運動が大切なんだよ」ということの理解を促す、簡単な運動プログラムを教えました。
そして最後に、地域の劇団と保健センター、小学校の栄養士が連携し、子どもたちに「食事バランス劇」を実施し、「食事の授業・運動・劇」といった3つの切り口から楽しく、分かりやすく子どもたちにアプローチをする取組を実施しました。
墨田区立隅田小学校
写真
「食事バランス教室」の授業の様子

写真
地域の劇団とコラボした「食事バランス劇」の様子

写真
体育の授業で運動プログラムを実施している様子
墨田区横川小学校における食育出前授業
平成21年10月31日(土)
横川小学校において、オリジン東秀と連携し、小学2年生を対象に、食事のバランスの理解を促す取組を実施しました。なお、授業日が公開授業となっているため、子どもだけでなく、保護者へもその理解を促す取組となり、家庭の食卓でも「食事のバランス」を考える、よい機会になったと思われます。
横川小学校
墨田区柳島小学校における食育出前授業
平成21年10月23日(金)
柳島小学校において、キッコーマンと連携し、小学3年生を対象に、醤油を通して食文化の理解を促す取組を実施するとともに、共食の楽しさを伝える取組を実施しました。今回のように、実際に食品を作る企業が出向き、日本の食文化の重要な食品である醤油に触れることは、発酵文化を知る上でもとても貴重な体験になりました。
柳島小学校
墨田区第三吾嬬小学校における
食育出前授業
平成21年10月15日(木)
墨田区第三吾嬬小学校の小学校5年生を対象に、東京農政事務所の協力を得て、食品についている表示や「食事バランスガイド」など、総合的な食に関する授業を実施しました。
墨田区第三吾嬬小学校
写真
食品についている表示の授業の様子

写真
「食事バランスガイド」の授業の様子