若者向け
スマートフォンを活用
カジュアル外食店を活用
ITゲームと運動を切り口
笑いを気付きの切り口に
中高年向け
社員食堂を活用
主婦向け
地域の飲食店を活用
ホームへ戻る
地域の飲食店を活用した食育推進モデル
地域の飲食店が開く料理教室を通して、地域の主婦の方々に、食品の正しい保存や調理方法、食品の適正摂取等の情報を提供し、その実践・継続を促すモデルです。
地域の主婦層
地元の飲食店が開催する料理教室は、「以前から行ってみたかったのでこの機会に」「あの美味しい料理の秘密は?」など地元の主婦にとって魅力ある催しになります。主婦は料理を楽しみながら、食品の正し取り扱いや適正摂取の情報が習得できます。お店にとっては新たなファンづくりの機会になり、商店街の活性化やコミュニティの再生につながることも期待できます。
イラスト飲食店が地域の主婦層を対象に、店の中で料理教室を開催します。シェフは料理の作り方を見せながら、食品の取り扱いや食中毒防止に関する情報を提供します。また、管理栄養士が生活習慣病の予防・改善の視点から食品の適正摂取等の情報を提供します。
このモデルは、飲食店を活用して地域の人々がコミュニケーションをとりながら、食品の適正摂取などが実践・継続できるように組み立てています。
  • 飲食店が地域住民に向けて、お店のファンづくりと地域コミュニティの活性化を目的に、店の中で料理教室を開催します。チラシを作成して告知します。
  • シェフは料理の作り方を見せながら、食品の取り扱いや食中毒防止に関する情報を提供します。
  • 管理栄養士が生活習慣病を予防するため、おいしく食べながら食品の適正摂取などの知識向上を目的としたディスカッションを参加者と行います。
  • 参加者は、料理の知識と正しい食生活や健康づくりに関する情報を得て、実践活動につなげて行きます。
  • さらに、情報を入手できることに楽しさを感じ、クチコミで友人を連れてきてくれます。
  • 食メディアと連携して、様々な地域の飲食店での実施を広めます。
フローチャート
実施報告はこちらから