新着情報
写真
3月10日発売『TARZAN』576号に掲載
ミニストップ店内イートインコーナーを
サイクリストのエイドステーションとして
活用した企画が雑誌『Tarzan』に掲載
ミニストップ株式会社
一般社団法人すこやか食育エコワーク
街のコンビニの店内にある「イートインコーナー」。みなさん、よく利用されていますか?

「イートインコーナー」はいろんなコンビニエンスストアに設置されてはいますが、実は全店に「イートインコーナー」を設置しているのは、唯一、ミニストップだけとなっています。
そこで、ミニストップとすこやか食育エコワークで、次の視点から「イートインコーナー」の有効活用を考えました。

①「イートインコーナー」の有効活用
②「イートインコーナー」の有効活用による、他社との差別化
③「環境」と「健康づくり」といった社会貢献活動の視点を盛り込む
④収益性のある社会貢献事業モデルの構築

そして、上記①〜④を考慮し、週末、自転車でツーリングをするサイクリストが休憩にコンビニエンスストアを利用してもらうという視点から、取組を企画。自転車に乗ることで「CO2削減=環境に配慮」、「サイクリスト支援=健康づくり」の2点がクリアされ、既存のものを視点を変えるだけで、有効活用・差別化、そして社会貢献活動の1つの取組となりました。
そこで、最後に効果的なターゲティング。実際に取組を実施するにあたり、対象となるサイクリストに利用していただけるよう、対象者がよく購読している雑誌『Tarzan』に掲載することにしました。これにより、効果的なターゲティングができるということ、春先には自転車特集が組まれるという利点をうまく活用しました。
内容も初級・中級に分けたコースを設定し、サイクリングポイントや店内の活用方法も掲載。意外な商品の活用方法も掲載しています。
また、埼玉県内の店舗に限り、自転車の空気入れも設置。ロングライドのサイクリストだけでなく、日常、自転車を使う人たちにも助かる取組を展開しています。
みなさんも、ぜひ、雑誌『Tarzan』をお読みいただき、自転車に乗って春風を切って走ってみませんか?きっと、ミニストップのイートインコーナーが居心地の良いものに感じられると思います。

平成23年3月10日号 掲載
ミニストップ
来店者
写真
環境と健康づくりにやさしいミニストップ活用術
写真
サイクリングマップ
写真
コンビニお助けアイテム